金沢市伝説の激ウマ名店『ナンバーギョーザ』をぜんぶ巡ってみた(第九~第十三までもあった?ちょっとだけ続き編)

LINEで送る
Pocket

金沢ナンバーギョーザ。金沢市に今も生きる伝説の激ウマギョーザであり、大行列店の第7ギョーザをはじめ、第一~第八があり、その味を半世紀以上にもわたり、金沢の人たちが愛してきた。

そんなナンバーギョーザをたどる旅は、前回で終わったと思った。しかし。とある有力な情報筋から、「第九~第十三ギョーザもあったらしい」という、まさかの怪情報をキャッチ。

なので3月7~8日にかけて、5000円の高速バス(就活生が多く、この時期は高いのだ)をゲットし、再び金沢へ行ってきた。ただ…これが過酷な旅となった。

金沢は今日も雪だった。僕は今回の深夜バスでも眠れなかった

500円のレンタサイクルを借り、吹雪をかきわけて進む。

強烈な雪が降りすさぶ石川県立図書館前
雪にやられ、目が泳ぐほどの過酷な天気コンディション

まだまだ春は遠く、雪が降り続く金沢を駆けずり回った、謎が謎を呼ぶ、旅だった。そんな中で、眠い目をこする僕を叩き起こしてくれたのが、これだった。

 

【第12ギョーザがあった】
今回のリサーチは苦戦。図書館で何時間もカンヅメになり、どうにか見つけたのは、とんでもない表記だった。

確かに『第12ギョーザ』と記されている

まさか!第12ギョーザがあった!!?

中川除町にあり、いまは民家になっている

実はこの第12ギョーザの店は、電話帳では桜橋店となっている。

地図と同じ昭和50年当時の電話帳では「桜橋店」となっていて、第12ギョーザとはなっていないが…

なぜ、このような違いが生まれているのか?

考えられるのは、お店としての届け出は「桜橋店」で行っていたが、看板として「第12ギョーザの店」を掲げていたのでは?ということ。例えば第7ギョーザの店も、生まれた当時は電話帳の表記は「ギョーザの店 小立野店」だったが、すでに「第7ギョーザの店」という看板を掲げていたのだ。

当初から「第7ギョーザの店」を掲げていた

届け出の店名と看板の名前が違う。これと同じように、「第12ギョーザの店=ギョーザの店 桜橋店」となっていたのでは?とも推測できる。

そもそもナンバーギョーザ各店は一枚岩という訳では無く、暖簾分けした後は、それぞれの関係性が無いパターンもあるそうだ。なので、実はお互いの詳しい事は知らないケースも多い。なので、第12ギョーザの看板を出して運営していた(時期がある)…などの可能性はあるかもしれない。

 

【第六ギョーザはもう一つあった】
実は第六ギョーザは、今の神田店だけになる前に、もう一つ「第六ギョーザ きたまち店」があった。

2006年に女将さんが亡くなってしまい、お店を閉めたという。また、閉店直後の第五きたまち店をおさめた映像が残っているので、キャプチャを貼る。

アコムの隣だから、間違いない

出典:携帯の旅

 

【第5ギョーザの前の店は骨董品店になっている模様】
第五ギョーザも、移転する前は市役所の前にあった。

すぐそばには、全国チェーン「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」の本店がある。

凄い繁盛店だったそうで、大変に忙しかったという。辰子さんが働いた最後の店舗と言われ、60歳ほどでここを売却し、ギョーザづくりを引退した。

 

【第五ギョーザで命の洗濯をする】
そして僕は、さんざん冷え切ったカラダで、命からがら第五ギョーザの店へたどり着く。

住宅街でひときわ光る「ギョーザの店」の灯り
スープギョーザ(5個)300円。雪と闘った今回の旅では本当にうれしかった

たくさんのスープが入っており、モッチモチの皮とともに頂ける。大満足の味。ドラクエ的に言うと、寒さを癒やすホイミスープだ。

揚げ餃子。噛み砕く時の食感が強烈で楽しい!
ナンバーギョーザと言えばコレ、焼き餃子!やっぱりウマい

焼き餃子からはタレの味なのか、どこかソースのような風味が香ってくるのもまた良い。どれも野菜の味が香って食べやすく、300円とリーズナブルでおいしい餃子だ。焼酎も入れて、色々ナンバーギョーザの事を聞かせてもらう。すると、こんな面白い発言も。

 

【第三ギョーザだと思っていたところは、幻の第八ギョーザ?】
第三ギョーザの店は橋場店だと思いこんでいたが(ネットで圧倒的にそう言及されていた)、実は、第三ギョーザは白山市(当時は美川町)にあったという。しかしそこは、当時ギョーザという食べ物自体が知られていないせいで、売り上げが伸びず、お寿司屋さんに転向したとのこと。

そして、第三ギョーザと思い込んでいた橋場店は、お葬式の時に関係者の方が「順番的には、ウチが第八ギョーザだったよ」と語っていた事があるそう。こちらは幻の第八ギョーザ…と言えるかも知れない。

(ちなみに橋場店は、現在ナンバーギョーザの店が3店だけになる前に、最後まで営業していた店舗。電話帳によると、1995年版まで電話番号が掲載されている。)

 

 

【第六ギョーザを堪能し、そして飲み過ぎる】
そして、第六ギョーザの店へ。伝統のギョーザたちの味を堪能させてもらった。

ナンバーギョーザならでは、キレイな焦げ目が嬉しい
名物クリームコロッケ470円も口の中でとろけて美味しい

ナンバーギョーザの話もそこそこに、この日開幕したWBCの話題で隣のお父さんと盛り上がる。…ただ…前の店とも相成って飲みすぎてしまい、結構ベロンベロンになって店を後にする(第六ギョーザの皆さん、あんな感じになってすいませんでした…)。この日は2200円で個室という、”怖いくらい激安のホテル”「カオサンファミリーホステル」で就寝。

 

【ナンバリングが確認できていない、他のギョーザの店をめぐる】
翌朝。実はナンバーギョーザで知られるギョーザの店では、いくつかナンバリングが確認できていない店がある(あくまで未確認という事で、「第◯ギョーザ」とナンバリングされた看板を掲げていた可能性は残る)。ホテルで200円で借りたレンタサイクルで、それを一気に巡る!

まず泉本町店。今ではカラオケ喫茶になっている。

今では近所の人がカラオケを熱唱する、憩いの場になっている(歌声が聴こえてきた)

道行く人に色々聞いたが、「第◯ギョーザ」のナンバーが看板などに冠せられていた店かどうかはわからなかった。ちなみにマンガがたくさんあったそう。

建物には、定礎日と思われる日付があった。泉本町店が無くなった後に建てられた?

さらに、野町店。

跡地はお店になっているようだが、何屋かは不明

第五ギョーザの女将さんもこちらで働いていたよう。その時の記憶だと、ナンバリングはされていなかったとか。もともとは暖簾分け店にも関わらず「ギョーザの店」では無く、「ギョーザ屋」という名前だった。なんでも「『ギョーザの店』なんて名前はダサい。だって俺たちギョーザ屋だから。「ギョーザ屋」って名前でいくよ」というロックなノリで突っぱねていたものの、昭和50年ごろに「ギョーザの店 野町店」となった模様。

そして中村町店はこのあたり。

近くには「アピタ」や「満天の湯」がある

中村町店は比較的最近まであったお店で、90年ごろの電話帳を見ても存在が確認できる。野町店からの移転で、出来たお店だとか。

金沢名物、「水路」と「馳浩のポスター」を尻目にとにかく自転車で走った2日間

そして、名は出せないが、第9~13ギョーザがあるかも?と教えて頂いた方にも、少しだけ話を聞くことが出来た。それによると、あくまで「噂で聞いた話」とのこと。

ただ、この噂は単なる噂じゃ無く、日本でも数少ない、とびっきりに面白い噂だと思う。

現に、住宅地図が「第12ギョーザの店」が存在している事は、それを想像するに余りあるし、何せ、それについて調べ、推理し、そして今も残る店を訪ねて、味を楽しむことは何より楽しい。

(中には「第十八ギョーザまであった」などという、まさかの与太話(?)もどこかで聞いた)

これは、金沢という魅力的な街に残る、大人が我を忘れて夢中になれる、今も生きるすっごい昔話だ。

—————————————————————————————————-

【さらに追記】
4月2日、僕はもう一度金沢に行った。

またもや金沢へおじゃまします

なぜまた金沢に来たのかは、まだやり残していた事があったから。腹ごしらえをして向かう。

相変わらずウマい。中華あんかけラーメンと交互に食べて、食感の差を楽しむ(第五)

 

【第三ギョーザの店の女将は、辰子さん兄妹の最後の生き残りの方だった】
そのうちの大きな一つが、第3ギョーザの正しい位置を知ること。美川町(現在の白山市)の駅前にあることを前に聞いていたので、そこに向かった。

地元の方が大事にしてきたのがわかる町並み

ここ、新町にあった第三ギョーザの店。しかし、ほどなくして蛇の目寿司になり、神幸町の方へ移転したという。今は跡形もなくなっているというが・・・確かに、どのへんにあるのか検討つかん!たまらず僕は図書館へ。

キレイな図書館に、美川町のあらゆる昔の資料をひっくり返す変な奴(僕)が来客した

図書館で美川町に関するとにかくあるだけの古い資料を請求し、司書さんを困らせる(?)。色々読んだが、第三ギョーザの店がドンピシャでここにある、という情報は無かった。しかし、第三の後にやっていた「蛇の目寿司」の情報を突破口に、当時第3ギョーザを営業していた女将さんを訪ねることが出来た。

飛び出し坊やの目立つ町、美川

女将だったヒサ子さんは昭和6年生まれ。第三ギョーザの店は、寿司職人の旦那さんが東京へ修行に行っている間に、美川町の知り合いが新町に所有していた空き店舗を借りて、昭和34年10月にオープンしたという。

駐車場の右側が第3ギョーザの店。左側には日用品店があった。この一帯、全然有名じゃないけど、凄く良い雰囲気の古い商店街

しかし、当時の美川町は、金沢より10年遅れていた。その為、ギョーザという食べ物はまるで知られておらず、店は閑古鳥が鳴いた。しかし、本場中国の熱狂的なファンは居たそうで、かなりの量を平らげていたとか。本場の人には、ちゃんと認められていたギョーザだったのだ。店はこのほか、金沢おでんなども置いていたという。

だが、客が入らないのでは仕方がないと、2年で「蛇の目寿司」という店に転向。東京から修行で戻ってきた旦那さんの腕を武器に、繁盛店として美川を盛り上げた。8~9年同じ場所で寿司店を営んだ後、同じ美川の神幸町へ移転。

繁盛店なので、目の前の道路に多くの車が停まっていたという

こちらで20年ほど前まで寿司店を商い、おいしいお店として美川の誰もが知る店になったものの、ご主人の体調が悪くなり、店を閉めたという。ギョーザと寿司、サイズ感の似た料理を出す2つの店が、ひそかにリレー形式で金沢から少し離れた町を盛り上げていた事が興味深い。長時間色々な楽しいお話をして頂いたヒサコさん、本当にありがとうございました!

昼に来たら準備中、夜に来たら満席!

そして、第三ゆかりの蛇の目寿司本店でお寿司を頂こうと思ったら、昼は準備中、夜は満席!僕の運命のバカヤロー!

 

【第1ギョーザのホントに最初の場所は、北陸ナンバー1繁華街の片隅】
さらに、ヒサ子さんから教えて頂いた、とてもとても重要な事がある。いちばん最初の第1ギョーザの店の屋台を出していた場所、それは尾山神社のそばと言われる。しかし、ホントにいちばん最初の第一ギョーザの店があったのは、北陸一の繁華街・香林坊の大和デパート裏、交番がある向かい側のやや左の所だった。

市役所も近い金沢の中心部で、フッと人が少なくなる通りにある

さらに、こちらの第1ギョーザの店は確かに辰子さんが立ち上げたが、実質の営業は、ヤエコさん(大正14年生まれ)がやっていた。彼女は兄妹きっての料理上手だったという。

昭和29年4月、ここから程近い香林坊交差点の様子

画像出典:北國新聞社

そして焼き鳥のほか、ギョーザもここですでに出していた可能性が高いという。そしてこの場所が立ち退きとなり、尾山神社近くへ移った。

繁華街の香林坊の中で、少し人並みが薄れる通りにあった、ナンバーギョーザが本当にはじまった店の跡。感慨に浸りながら俺は思う。やっぱり、当時のギョーザが食べたいなぁ。

ちなみに金沢は、アパホテル創業の地。そこかしこにアパ社長の顔があり、心の中でスタンプラリーができる

 

【まるで第0ギョーザ?大繁盛だった満州時代】
そして、今回の旅は、これ抜きでは語れない。満州時代の話が凄い。

ナンバーギョーザのゴッドマザーこと柏野辰子(旧姓:原)さん。実は彼女は満州鉄道の蘇家屯駅近くで、20代で物凄い大繁盛料理店「まとい食堂」を切り盛りしていた。

当時の満州鉄道・蘇家屯駅

画像出典:満州写真館さん

2階建ての大きな店でとにかく儲かった。一斗缶まるごとのお金がどんどん入り、そのまま銀行へ持っていくほど。忙しくてお金を管理するヒマが無く、地べたのお金を踏んで歩くほど、恐ろしくバブリーな状況だったそう。多くの使用人を扱い、辰子さんの兄妹たち(当時は12人兄妹!)もたくさん店を切り盛りしていたとか。

その時に、いろいろなメニューがある中で、すでにギョーザを提供していた。ギョーザは今と同じようにニンニク無し(中国伝統のスタイルを踏襲している為)。当時使用人だった中国人のチンさんという方に習ったそうだ(後にこの方は、辰子さんに早期帰国を勧め、命の恩人となる)。極端すぎる話だが、第0ギョーザ的なお店がこのまとい食堂だったのかも知れない。

中国式のギョーザの一例(写真はイメージです)

その中には、後に第三ギョーザの店を立ち上げたヒサ子さんも居て、手伝いがてら、ギョーザを作っていたこともあったという。当時からヒサ子さんの腕前も評判で、中国人のチンさんらとともに、大きなフライパンを使ってギョーザを作っていたとも言われる。

辰子さんは何せ商売上手だったそうで、出身の久留米時代から、遊郭街だった原古賀町で飲み屋を開いており、満州時代も食堂と並行して、軍隊向けにぜんざい屋まで開いていた。

当時の蘇家屯機関区

しかし、日本はまさかの敗戦。終戦後、満州に最後まで残っていた辰子さんは、昭和20年の終わりごろに意を決して満州を出る。当時、終戦後の満州はあまりに危険な状況で「子供(甥っ子・姪っ子)を捨てた方が良い」「お金を渡すからこの子をくれ」などと、何度も言われるも「私は絶対にこの子たちと一緒に日本へ帰る」と押し通し、とうとう子供と一緒に日本への帰還を果たした。鉄の女だった。

日本に帰ってきたとき、たったの1000円(今の19万円ほど)しか持っておらず、ここから必死でお金を稼ぎ、第1ギョーザの店の開店にこぎつけたのだ。

そんな辰子さんだったからこそ、金沢というギョーザが全く無かった地に、ギョーザを根付かせる事ができたのかも知れない。第5ギョーザの女将さんも、何度も「あの人は漢だ。」と言っていた。

聞けば、辰子さんは昔話好きで、満州時代の武勇伝も事あるごとに語っていた人らしい。そんな辰子さんの昔話を、一度聞いてみたかった。でも…ご厚意で人づてに知ることができたから幸せだ。

第一、第二、第三・・・数字を辿っていくと、たくさんのエネルギッシュな人と、豪快な人生に出会えた。その過程で人の強い意志の力がナンバリングを作った重厚な歴史と、戦後72年経っても確かに息づいている、おいしさの力を、存分に目と足と心と舌で存分に味わった。そんな歴史を見て、聞かせて頂き、僕は本当に幸せだ。

金沢のナンバーギョーザ。それは強靭な人の心とパワーで出来ていた。

これで600円。ごはんも多いし、ギョーザも相変わらずウマい

そして、頼んだギョーザ定食は、量が多くてウマかった。ありがとう石川県!

 

注:ここまでの情報は、あくまで私が足で集めた情報です。聞く所によると、人によって主張が若干違う部分があるそうです。ここでは、より信憑性が高いと思われるものを私なりに選び、書きました。その為、あくまで全ての方の主張に合わせたものでは無いことをご了承ください。 まあ難しい事は抜きにしてご一緒に、金沢のギョーザを楽しみましょう!

LINEで送る
Pocket

15 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です