時代に追いやられた激セマ神社を巡ってみた~そこはかつて、280もの露店が並んだ大正時代の一大テーマパークだった~

LINEで送る
Pocket

ときどき見かける、近代的な建物たちに追いやられ、すごく窮屈そうにしている神社が気になる。

同情を禁じ得ないほどに土俵際まで押し込められた神社たちの姿は、明日、いや今日の僕らの姿かも知れない。そんな彼らを見届けるために、僕は小さな旅に出た。

 

【アキバのど真ん中の片隅にある激セマ神社】

まずはヲタとPCの街、秋葉原。こんな現代的な街の代表格でも、時代に追いやられた神社はある。

メイン通りから1つ路地に入ると、フッと静かになる

それが大通りを1つ入った、秋葉で長年有名なホビーショップ、リバティー前にある花房稲荷神社(はなぶさいなりじんじゃ)だ。

隣は工事中。フェンスに矢印がある

 

狭い狭い、建物の間に入ると

 

鳥居が見えてきた

狭い狭い小さな路地裏に、それとは不似合いに大きい鳥居が現れる。現在の社(やしろ)は戦後、地元民が再建したものだが、神社そのものは江戸時代からこの地にあったとか。

出典:千代田区HP

なにぶん狭くて、俯瞰の画がなかなか撮りにくい

 

窃盗へのガードが固い神社

賽銭箱はチェーンで繋がれており、狐は網でガードされている。繁華街の治安を考えてのものか。そしてとにかく、建物に囲まれているため昼間でも暗い。時おりフラッシュを焚かなくては鮮明に撮りにくいほど。

 

日本盛の新しい日本酒「Sakebottle」がお供えされている

 

ひそかな応援者たちが激セマ神社を支える

寄付者の中には、稲荷にちなんでか「きつねうどん」を寄付した方も居るようだ。そんな軽いシャレの効いたひそかな後援者によって、激セマ神社は今日もなんとか生き永らえている。5円しか賽銭せず、すいません。

 

 

【あまりにも鳥居が細い、谷中の激セマ神社】

千代田線千駄木駅。ここから谷中へは歩いてすぐ

つづいては、湯島駅から千代田線に乗って千駄木駅へ。ここから谷中方面へ歩く。下町特有の狭い狭い路地を歩いて、辿り着いたのがココ、福喜稲荷大明神。

鳥居が細い!

参道が細すぎる!それに応じて鳥居も細すぎる!となりのアパートの階段とそんなにフォルムが変わらないほど。予想以上の違和感にうろたえながらも歩を進める。

花が参拝客を迎えてくれるのがうれしい参道

もはや一人しか歩けない狭さの参道は、紫の色のお花たちに迎えられ、まさに両手に花状態。ぜんぜん神社っぽくないけど、こういうのも良いね。

半開き状態

そしてお堂はなぜか半開き状態。近づいてみると…なかなか雑然としている。

とにかくお酒がたくさん供えられている。ワンカップとパック酒中心なのが素朴で良い

 

床は僕の部屋のように散らかっている

 

長い間替えられてなさそうなボロボロの提灯が、参拝客を待つ

ずっと忘れられているような、それで居てこの雑然さが良いような。そんな不思議な感覚。ドラクエで「ほこら」を尋ねたときの感覚に似てる。狭くても、提灯がボロボロでも、中はちゃんと神社だった。

5円玉を置く

そしてここには賽銭箱が無かったので、すでに置かれていた小銭の横に5円玉を置き、福喜稲荷様に軽く手を合わせ、ここを離れた。

 

【住宅街に突然鳥居…実は100年前、埼玉の一大観光地だった】

埼京線快速停車駅の戸田公園駅で下車

降り立った戸田公園駅。そして路線バスに乗り、戸田市郊外の住宅街・笹目へ。そこにあったのが、これだ。

何の変哲もない所に突如現れる、大きな鳥居

民家の傍に貼り付くようにして、いきなり現れる高さ5mに及ぶ大鳥居。もともとは参道があったが、それが無くなり、鳥居だけ残されたのだ。

あの「ナニコレ珍百景」でも取り上げられ、珍百景に見事登録

画像出典:テレビ朝日「ナニコレ珍百景」

実はあの「ナニコレ珍百景(テレビ朝日)」でも取り上げられており、当時は左側の民家があり、それにも挟まれた超窮屈な鳥居だった。

横には家庭菜園がある

現在、民家は取り壊され、そこには家庭菜園がある。

大正五年(1916年)に建てられ、100年もの時を見守ってきた

前の民家が無くなったものの、取り残されたように立つ大鳥居の姿は中々の迫力。

石造物などが並ぶ

そして家庭菜園の横には、色々と祀られているものがある。

元禄十五年(1702年)に建てられた庚申塔。奥には大正二年(1913年)製の狛犬もある

 

可憐な花と、可愛い狐が訪れる者を楽しませる

今や訪れる人は少なく、郊外の片隅で鳴りを潜める梅の木稲荷。実はココ、100年前の埼玉の一大テーマパークだったのだ。

この後に行った戸田市立図書館での調査で、それが良くわかった。

梅の木稲荷は大正二~五年(1913~1916)あたりに大いに観光地として栄えたという。

大正二年(1913年)2月、単なる農村の一家だった大畑五郎右衛門の家の前に「みかんや菓子が降ってくる」「梅の木橋すぐそばの庚申塔に供えたものがすぐ無くなる」「天井裏から人の声や音楽まで聞こえる…」などのふしぎな現象が起きたこと。それを「これは狐のしわざだ」と、当時の新聞がセンセーショナルに伝えたのだ。

それがいつの間にか「五郎右衛門さんの稲荷はスゴいご利益がある」と評判が立ち、関東一円どころか、遠く東北や北海道からも参拝客が集まった。

いち民家に人が押し寄せまくる、まさかの異常事態

1日300~400人が列をなし、当時の東北本線 蕨駅の同年6月中の乗降客は前年の3倍、2400人にのぼったとか。そして、最盛期には280もの露店が並んだ。芸者置屋、旅館、土産屋、飲み屋などが軒を連ね、料理屋などでは昼夜問わずドンチャン騒ぎが続いたという。

蕨駅からは13人乗りの鉄道馬車(テト馬車)も往復し、片道二銭で客を満載し参拝客を運んでいた。白タクの如く、自前の牛車を鉄道馬車に仕立てて稼ぐ人も居たという。蕨の駅前通りも、稲荷様の門前町のような賑わいを見せた。

物凄いサイ銭の量で、カマスに入れて大八車に乗せて、銀行まで運ぶというバブリーな状態だったとか。

所狭しと並びまくる露店

さらに第一次世界大戦が起こり、未曾有の戦争景気で成金が続出。一攫千金を夢見た投機家が商売の神の稲荷にすがった。この大鳥居も、その時期に株で儲けた東京の材木商が、梅の木稲荷のご利益のお礼にと、奉納したもの。

しかし盛況だった梅の木稲荷も、大正3年、5年、9年にあった洪水に加え、同十二年の関東大震災が追い打ちをかけ、石像の鳥居や神楽殿などが破壊された事で、賑わいは徐々に寂れていってしまったとか。ただ前述の材木商が建てたこの大鳥居だけは、大震災にも耐えきったのだとか。

(画像)出典:研究紀要第7号、戸田市いまむかし(共に戸田市立郷土博物館)、戸田市史研究3(戸田市)、絵本 戸田の昔話(池原昭治 絵)

 

ウラ側から見る大鳥居、101歳の偉大な姿

激セマ神社に、そんなワケがあったなんて…いや、激セマでも未だ建っている神社だからこそ、そこには何かしらの深いワケが眠っているのかもしれない。

今では280もの露店が立ち並んだ賑わいを全く想像できない、とても静かな静かな住宅街を、僕は後にした。

LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です